• rineck5

筋トレと筋肉痛の関係

筋力トレーニングを行った後に、



筋肉痛が起こる事は誰でも経験があると思います。



筋トレを行うと筋肉(筋繊維)が損傷してしまい痛みが起こるのです。



しばらくすると、修復されて痛みが収まります。






実は、人間の体は筋肉を修復する際に、



次回も同じような負荷がかかっても



壊れないよう太くするのです。




筋トレとは、筋肉に損傷と修復繰り返し行わせることで、筋肉を発達させる行為といえます。



なので筋トレをした際に



翌日以降に筋肉痛が起きているかが、



筋肉にちゃんとした刺激を与えられているかの



バロメーター(確認)になります。



実際は筋肉痛が起きていなくても



筋肉は発達していることもあるので、



怪我をするほど無理なオーバーワークは避け、



あくまでバロメーターとして捉える程度にしておくとよいと思います。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示